返済不能 放置しない 住み続けることができる方法

返済不能になったからと言って放置しない 住み続けることができる方法

住宅ローンの返済のめどが立たなくなった、銀行などの新提案に対しても対処できないとなった時、弁護士に相談をしてみましょう。
行える手立ては2つ。

  • 個人再生の債務整理
  • 任意売却

です。

 

個人再生の債務整理

この債務整理は、住宅ローン以外の債務を整理してしまうことで、確実に住宅ローンだけを支払う方法です。
今回の住宅ローン延滞については了承してもらい、個人再生をすることで新しい住宅ローンを組み必ず完済ができる程度の返済額にしてもらいます。
そして、住宅ローン以外の債務がある場合は、債務整理で最小限度に抑えることで、家を守っていく方法です。
この個人再生は時間もかかり、交渉事が多いですから、弁護士依頼が原則です。
もし、住宅ローンの支払いが他の借金の返済でできないとした場合の対処法です。
しかし、条件として、一定収入があり、必ず住宅ローンの完済が約束できることです。

 

任意売却

任意売却は競売になる前の物件を不動産を通じて売却して、その利益で住宅ローン完済をすることです。
競売の場合、市場価格より大幅に評価額が下がることから、銀行側としてもできればしたくないことです。
任意売却では、市場価格での売却が可能ですから、物件によっては高い価格で売却ができます。
もし売却ができたのなら、そのお金で住宅ローンの一括返済ができます。

 

そして、任意売却の場合、その物件の購入者が元の持ち主にその家を賃貸するリースバックに応じてもらうことで、そのまま家に住み続けることが可能です。
要するに、元の自分の家に賃貸の形で住めるのです。
これにも条件として、賃貸契約でできるだけの一定収入がなくてならない、一度でも家賃未納の場合は退去することが義務付けられます。
この任意売却については専門業者や不動産などの依頼が必要です。

 

いずれにしても、住宅ローンの返済ができない場合は、競売しかないと諦めて、そのまま放置しておくのは大変なことです。
こうして、なにか策が講ずることで、正当な形で住み続けること、返済してく方法はあります。
まずは銀行に相談、そして弁護士などにも相談をして、自分に合う方法を見つけましょう。

返済不能になったからと言って放置しない 住み続けることができる方法関連ページ

一回の延滞で、ブラックリストの心配はない
金融機関では、厳しい審査を経て住宅ローンの契約をします。ですから、住宅ローンができたということは、信用されていることになります。それが一回の延滞である場合、どうしましたか?とお伺いがきます。
競売までの流れ そう簡単には競売は始まらない
住宅ローンでもなんでも借金の返済が、約束の日にできていないと、すぐに連絡がきます。電話の場合もありますが、郵送での通知がきますが、その時にすぐに対応しましょう。実は、その支払いが今はできないということになると、相談に乗ってくれます。
住宅ローンが支払えない!すぐに相談、時には弁護士にも
住宅ローンの返済は長い期間かかります。契約時には思いもしないことがある時災難として降りかかることがあります。それが、住宅ローンの返済ができなくなってしまうことです。