一回 の延滞 ブラックリスト 心配はない

一回の延滞で、ブラックリストの心配はない

金融機関では、厳しい審査を経て住宅ローンの契約をします。
ですから、住宅ローンができたということは、信用されていることになります。
それが一回の延滞である場合、どうしましたか?とお伺いがきます。
この時に、すみません、すぐに支払いをしますとなれば、金融機関としても安心です。

 

借金の返済などで延滞や滞納をするとブラックリストに載ってしまうと思う方もいますが、大抵一回程度のことなら、ブラックリスト=個人信用情報機関などの報告はないとされています。
ただし、このようなことが複数回続くと信用を失いますから、気をつけましょう。

 

督促状がきてからだと、この対処はなく、延滞も一回目のお伺いがタイムリミットです。
1ヶ月程度の猶予があるかと思いますが、この時に、これからも支払いがキツければ、住宅ローンの見直しをしましょうか?と提案があります。
これもこれからの滞納を防止する方法です。

 

金融機関としては、このような対応をする準備があります。
期間限定の場合が多いですが、1年間だけ利息だけの返済とか、全部の見直しまでも行ってくれますから、延滞前、1回目の延滞をしたとしてもすぐに金融機関に相談に行きましょう。

 

返済期間が伸ばしたり、返済ができる環境に考慮してくれることで、これから先安心して返済ができるようになります。

一回の延滞で、ブラックリストの心配はない関連ページ

競売までの流れ そう簡単には競売は始まらない
住宅ローンでもなんでも借金の返済が、約束の日にできていないと、すぐに連絡がきます。電話の場合もありますが、郵送での通知がきますが、その時にすぐに対応しましょう。実は、その支払いが今はできないということになると、相談に乗ってくれます。
返済不能になったからと言って放置しない 住み続けることができる方法
この債務整理は、住宅ローン以外の債務を整理してしまうことで、確実に住宅ローンだけを支払う方法です。今回の住宅ローン延滞については了承してもらい、個人再生をすることで新しい住宅ローンを組み必ず完済ができる程度の返済額にしてもらいます。そして、住宅ローン以外の債務がある場合は、債務整理で最小限度に抑えることで、家を守っていく方法です。
住宅ローンが支払えない!すぐに相談、時には弁護士にも
住宅ローンの返済は長い期間かかります。契約時には思いもしないことがある時災難として降りかかることがあります。それが、住宅ローンの返済ができなくなってしまうことです。