住宅ローン 延滞 相談

住宅ローン延滞の相談

住宅ローンが支払えない時、最初に行う事

住宅ローンの支払いがキツイと思ったときには、迷わず金融機関に直接相談してください。
できれば延滞前が理想です。
これがなかなかできない方が多いのが現実で、実際に住宅ローンの延滞と滞納をした末に、どうしようと悩む方も少なくありません。

 

世間では、支払いができなくなると競売される、今すぐに出ていかなければならない、今度のボーナスで穴埋めをするから大丈夫と本気で思っている方も多いですが、全て間違ったことです。

 

滞納が続けばいずれは競売になってしまう事はありますが、必ずその前に金融機関からの連絡が入ります。
それをすべて無視した場合、金融機関からの連絡が、代位弁済をした保証会社に変わり、債権回収会社になっていき、請求される会社が変わっていきます。
そして、債権回収会社からの請求を無視していると、競売のお知らせが入るのです。
それまでに約半年近い時間がかかります。
ですから、住宅ローンの支払いをしなかったからと言って、すぐに出ていかなければならない事もないのですが、無視は許されない行為です。

 

そして、ボーナスの穴埋めですが、それは金融機関との話し合いで可能なことで、今は放っておけば、それもできないことになります。

 

とにかくすぐに金融機関に行き、支払い方法の変更やボーナスで穴埋めをしたいのなら、その旨をきちんと伝えることです。
一回程度の滞納では、金融機関は競売などの行為は絶対にしないですから、安心してください。
大切なのは金融機関との信頼関係を壊さないことで、支払い方法を変えてでも完済していくことが必要です。

住宅ローン延滞の相談記事一覧

金融機関では、厳しい審査を経て住宅ローンの契約をします。ですから、住宅ローンができたということは、信用されていることになります。それが一回の延滞である場合、どうしましたか?とお伺いがきます。この時に、すみません、すぐに支払いをしますとなれば、金融機関としても安心です。借金の返済などで延滞や滞納をするとブラックリストに載ってしまうと思う方もいますが、大抵一回程度のことなら、ブラックリスト=個人信用情...

住宅ローンでもなんでも借金の返済が、約束の日にできていないと、すぐに連絡がきます。電話の場合もありますが、郵送での通知がきますが、その時にすぐに対応しましょう。実は、その支払いが今はできないということになると、相談に乗ってくれます。ここで問題なのが、その延滞が一時的な原因なのか、これから先滞納の恐れのある延滞なのかということです。それが、今回だけのものであれば、忘れずに支払ってくださいの注意で終わ...

住宅ローンの返済のめどが立たなくなった、銀行などの新提案に対しても対処できないとなった時、弁護士に相談をしてみましょう。行える手立ては2つ。個人再生の債務整理任意売却です。個人再生の債務整理この債務整理は、住宅ローン以外の債務を整理してしまうことで、確実に住宅ローンだけを支払う方法です。今回の住宅ローン延滞については了承してもらい、個人再生をすることで新しい住宅ローンを組み必ず完済ができる程度の返...

住宅ローンの返済は長い期間かかります。契約時には思いもしないことがある時災難として降りかかることがあります。それが、住宅ローンの返済ができなくなってしまうことです。延滞は、決して行ってはならないことですが、返済できないとなったときには、銀行などの金融機関に直接話をしてください。そこで、お互いが納得できる返済の相談をすることができます。例えばリストラです。収入がなくなるのですから、支払いは難しいです...