住宅ローン 延滞 相談

近年はもともと無理なローンや景気低迷による収入源やリストラ、病気などによる収入減や失業、退職金カットによる定年後のライフプランの狂い…などなど住宅ローンを破綻させるひとが少なくありません。ギャンブルや浪費でローンを払えない人は少数派で、実際には払いたくても払えないという環境にいるひとたちが多いです。そしてこれらのひとは誰にローン破綻の問題を打ち明ければいいのかわからず路頭に迷っている人が多いのです。実際、金融機関から「引き落としが出来ませんでした」の通知が来ただけでも「大変なことになってしまった」と頭を抱えてしまうでしょう。

 

でもちょっと待って下さい、この段階ではまだ住宅ローンは破綻していません。最低でも3ヶ月、最大でも5ヶ月までは金融機関に相談することでローン返済を調整することが出来ます。この間は、高額な住宅を購入する際に金融機関と一度に返済するのではなく少しずつ分割で返済しますという契約書を交わした「期限の利益」がまだ生きています。つまり指示通りで延滞している金額を返済できれば、月々返済する形での返済方法を続けることが出来ます。指示通りの金額での返済方法が無理でも金融機関に連絡して「この金額までなら返済が出来ます」と交渉をすることで、返済を待ってくれる可能性はあります。住宅ローン破綻をしたくないなら、これが最終手段となります。

 

他人との交渉が苦手だったり、「期限の利益が喪失」する3ヶ月〜5ヶ月を過ぎている場合は、任意売却専門のコンサルタントに相談するとよいでしょう。「期限の利益」が喪失する前は基本的に任意売却は出来ませんが、相談やアドバイスはいつでも受け付けています。また、もし「期限の利益が喪失」した場合は住宅ローンの債権者は金融機関から保証会社に移行し、実際には保証会社から委託された「サービサー」が業務を行います。この時点で競売や任意売却の段階に移ります。サービサーは債権の取り立てを専門に行う業者なので、交渉は専門知識を持った任意売却専門のコンサルタントに任せるとよいでしょう。経験豊富な任意売却専門のスタッフが「任意売却の申出書」を送り、売却価格と配分の調整などの交渉を行います。この交渉はサービサーの言い分もあり、かなり大変なので専門家でないと辛いので知識のない個人では難しいといえます。

 

ともあれ、自分だけで悩んでいるだけでは事態は良くなりません。もしローン返済に不安を覚えたら、気軽に任意売却専門のコンサルタントに相談をするといいでしょう。