住宅ローン 延滞 競売

住宅ローン延滞で競売の前に考えること

住宅ローンの返済には一定のルールがあります。
消費者金融やカードローンとは違い、もし返済ができないときには、家がなくなってしまうものです。
消費者金融などは無担保ローンであり、返済できない状況になった時にも差し出す担保がありませんが、住宅ローンの場合は、家を競売にかけることで、解決します。
競売は長年返済の住宅ローンが一瞬にして水の泡となってしまうことを意味します。

 

住宅ローン延滞が続き、滞納になってしまった場合の話ですが、一定の返済がないと、金融機関からの連絡が入ります。
この時にすぐに競売になるのではなく、完済までの方法を考えていきます。
返済額を調整したり、返済期間を見直すなどの対応で、とにかく返済を続けられるようにしてくれます。

 

競売だから仕方ないと諦めるのはまだ早いのですが、どうしても返済ができないとなった場合、今度は不動産会社に相談です。
それも任意売却対応のところで、今住宅ローンをしている物件が市場価格での売却ができるかどうかの相談です。
不動産会社では、その物件が市場価格での売却が見込めるのなら、金融機関に交渉して、売却に動き出します。

 

これは、住宅ローンの残額に相当する売却益が出る場合、そのまま金融機関に支払うことで、住宅ローン完済を目指すものです。
そこで、住宅ローンは完済となれば、その家は買い手のものになるのですが、売却益のお陰で、住宅ローンはなくなります。

 

結局は、この任意売却は、住宅ローンのためのもので、家は人手に渡ってしまいます。
しかし、市場価格は競売のような入札ではないため、高く売れることが多いです。
ですから、競売ではなし得ない住宅ローン完済ができます。
金融機関にしてみれば、競売よりも割の良い話になりますから、不動産会社の交渉にも前向きな場合が多いとされています。

住宅ローン延滞で競売記事一覧

住宅ローン延滞が続いている方の中で、リースバックを考えている方は急いで手続きをしましょう。リースバックとは、住宅ローンの延滞が続き滞納している方の物件を買取り、その家にそのまま賃貸として貸してもらうことを言います。住宅ローンの家に住み続けることができる唯一の手段です。住宅ローン延滞は、2回続けることで、保証会社が代位弁済と言って肩代わりをして、銀行などの金融機関に残額を払います。そして、保証会社は...

住宅ローンを延滞する前には、必ず銀行などの金融機関に相談をしましょう。延滞と滞納は違います。支払いが遅れるのが延滞であり、あくまでも支払える金額が返済日に間に合わないと言うものです。少し遅れたら払えるという意味ですから、予め金融機関に言っておくことで、承知してもらえることが多いです。滞納は、その連絡もなしに一方的に、支払いを意図的にしないことです。これは、金融機関としても、どうしてものかと連絡が来...

住宅ローンの返済は、逃げ切れるものではありません。そんなことを考えたこともないかもしれませんが、一度の延滞からズルズルと滞納に陥ってしまう場合、どうしようと不安ばかりが募ります。住宅ローンが支払えなかったら、競売だよ、それが恐怖なのかもしれませんが、これはある意味当然のことです。支払えないものは支払えない。だから競売になってしまう。考えてみれば、品物はもらったけれど代金を払っていないことですから、...

住宅ローン延滞ですぐに競売になることありません。たいてい半年くらいの猶予があるのですが、その間に行う事はいくらでもあります。任意売却は不動産会社にその家を市場で売却をしてもらい、その売却益で一括返済をする住宅ローン完済の方法です。もし売却できたらの話ですが、住宅事情が良い環境ですと、期待はできます。その上で、不動産会社ではその家の売却後、リースバックの形で賃貸契約を結ぶことで、そのまま住み続けるこ...