住宅ローン 延滞 どうなる? どうしたらいいの?

住宅ローンを延滞してしまった、どうなる? どうしたらいいの?

住宅ローンを延滞してしまった!どうしよう!
…とあたふたしても時間が過ぎていくだけです。まずは冷静に、「住宅ローンを延滞してしまったらどうなるの?」と実際に家が売られるまでの流れをみてみましょう。

 

督促状・催促状が届いたら?

まず最初の3ヶ月から半年の間は、債権者である銀行などの金融機関から督促状や催促状が送られてきます。最初は「お知らせ」の手紙程度ですが、回数を重ねる毎に「催促状」や「督促状」と厳しい内容になってきます。
この時点では任意売却は出来ません。ですが、その代わりに金融機関と交渉することで返済計画の見直しや借り換えをすることができ、住宅ローンを維持したままで返済のレベルを軽減することが出来ます。ですから、滞納を半年またずともローン返済の破綻を感じたら、まず見直しが出来ないか、専門の機関へ相談をするといいでしょう。早めの対応が負担を減らすことになるのです。

期限の利益の喪失って?

住宅ローンも半年延滞すると「期限の利益」を喪失してしまい、債権者が金融機関から保証会社へ移行します。「期限の利益を喪失」というのは住宅ローンを組む際に「一度に返済できないので分割で返済する約束をするので、一度に返さなくてもいいですよ」という意味をさします。借り手がこのルールを破ると貸し手も全額一括返済を要求してきます。この債権者の移行をもって任意売却が可能になります。
そして保証会社が委託した債権回収会社によって「期限の利益を喪失」してから一ヶ月後くらいに「競売申し立て」の通知が送られてきます。この通知が送られても実際に競売にかけられて開札されるまでにはさらに半年がかかりますので、入札が開札するまでの間に任意売却の決済をすればよいわけなのです。実際、この競売申し立ての通知が届いて、あわてて任意売却の相談をするケースも多いようです。

任意売却、これだけはするな

任意売却を決心しました、と心の準備をしても、実際に相談するまでには色々な不安があるものです。その中でも「これだけはしてはいけないこと」を4つあげます。

 

住宅ローン延滞後いしてはいけないこと!

 

消費者ローンからは借りるな

住宅ローンより金利の高い消費者ローンに借りるのは火に油を注ぐ行為でしかありません。
また、銀行口座に自動融資機能が付いてないかも確認しましょう。

租税公課(税金・健康保険料など)は滞納しない

税金や健康保険料に滞納があると、ある日自治体の方から差し押さえに来ることがあり、任意売却において大きな障害になります。もし滞納があるなら最優先に支払ってください。

一つの口座で管理しない

一つの口座で管理していると、住宅ローンの滞納が続いたとき、他の支払いにもストップがかかります。少なくとも給与振り込み口座と支払い口座を別にして。

お金で釣る業者に依頼しない

任意売却には通常の取引とは違うノウハウやスキルが要求されます。出来るだけ信頼できる業者を選ぶように。少なくとも「引っ越し代100万円あげます」とお金で釣るような業者には騙されないように。

 

これらの「してはいけないこと」は裏返すと「準備しておくこと」でもあります。いま、なにができるのか、してはいけないのか、冷静に考えることが、任意売却を優位に進めるのに重要なのです。